“史上No.1のファンタジスタ”がついにスパイクを脱ぐ! ロナウジーニョの仰天プレイの数々[映像アリ]

バルセロナで輝きを放ったロナウジーニョ photo/Getty Images

真の天才が引退

史上No.1のファンタジスタとも言える元ブラジル代表FWロナウジーニョがついに引退を表明した。バルセロナやミランなどで活躍したロナウジーニョは何を仕掛けてくるのか分からない面白さがあり、そのアイディアに魅了されたサッカーファンも多いはず。現代ではあのようなトリッキーなプレイをする選手は少なくなってきており、最後のファンタジスタと言ってもいいかもしれない。

そんな偉大なファンタジスタの引退を受け、スペイン『MARCA』はこれまでロナウジーニョが決めてきた仰天のシュートの数々を振り返っている。

1.VSセビージャ

バルセロナの本拠地カンプ・ノウでのデビュー戦はセビージャとのゲームだった。そこでロナウジーニョはさっそく才能を見せつけ、サポーターのハートをがっちりと掴んでみせた。相手のタイミングを外すドリブル、豪快なミドルシュートと、一連の流れが実に美しいゴールだ。



2.VSビジャレアル

ビジャレアル戦で決めたオーバーヘッドシュートも印象深い。バルセロナの王様となっていたロナウジーニョはロングボールを胸でトラップし、迷わずオーバーヘッドを選択。コースも抜群だった。



3.VSイングランド代表

2002日韓ワールドカップを制したブラジル代表の一員だったロナウジーニョは、準々決勝のイングランド戦で誰もが予想していなかったフリーキックを決めた。あの距離からイングランド代表GKデイビッド・シーマンの頭上を狙おうなどという発想を持つ選手も少ないだろう。



4.VSレアル・マドリード

伝統のクラシコでレアルのサポーターからも拍手を浴びたプレイだ。この前にも同じような形からゴールを決めていたロナウジーニョは、またも対面するセルヒオ・ラモスをかわし、右足でイケル・カシージャスのゴールを破った。まだ若かったとはいえ、現在世界最高のDFの1人に挙げられるラモスを抜き去ることのできる選手など現代ではほとんど存在しない。



5.VSチェルシー

今や伝説になっているスタンフォード・ブリッジでの一撃だ。ペナルティエリア手前でボールを受け、止まった状態で少しダンスを踊るようにステップを踏みながらトーキックでのシュートを選択。独特すぎるリズムにチェルシーの選手たちはついていけなかった。



どれもスーパーゴールばかりだが、アイディア溢れる意外性がロナウジーニョ最大の魅力でもある。そのうえ相手に寄せられても簡単に当たり負けしないパワーとバランスも持ち合わせており、DFにとっては何とも厄介な選手だったことだろう。そのロナウジーニョも37歳となり、ついに引退の日を迎えた。現代では少なくなったファンタジスタの引退に、特別な感情を抱いたサッカーファンも多いだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ