リベロ・長谷部のスタメン入りは”100%”保証 独メディアは日本の主将に高評価

フランクフルトを支える長谷部 photo/Getty Images

フィットすればスタメン入りは確実か

2016-17シーズンの前半戦で堅守を武器にサプライズを起こしたフランクフルトだが、今夏にはヘスス・バジェホがレアル・マドリードに復帰、マイケル・ヘクターのレンタル期間も終了するなど守備陣にはいくつかの変化があった。替わりにカルロス・サルセドが加入するなど、新シーズンはどの面子で守備陣を構成するのかも注目だ。

そこで独『Hessenschau』は、現時点でどの選手がスタメンに入る可能性が高いかを分析し、パーセンテージで紹介している。その中で100%スタメンに入るだろうと紹介された選手は3人だ。まずはチームの堅守を最後方から支えたGKのルーカス・フラデツキーで、同メディアは「フランクフルトに留まるのであればフラデツキーの立場は揺るがない」と新シーズンも守護神の座は安泰であることを強調している。

もう1人はDFダビド・アブラハムで、こちらも評価が高い。そして残る1人は日本代表MF長谷部誠だ。長谷部はボランチが本職の選手だが、2016-17シーズンはリベロとしても活躍。3バックの真ん中からチームをコントロールし、新たな能力を見せてくれた。同メディアは「長谷部がフィットしている場合、スタメンでプレイすることになる」と伝え、スタメンに入る確率を100%としている。今や長谷部はフランクフルト守備陣の要ともいえる存在で、チームでも絶対的な地位を確立しつつあるようだ。

今季も長谷部はリベロ、あるいはボランチからチームの守備を整え、さらにはサガン鳥栖からやってきたMF鎌田大地のメンタル部分もサポートするなど求められる仕事が多いが、またニコ・コバチ監督にとっての心臓としてチームを躍進させられるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ