ファーディナンドが称えた“マンU出身CB” マージーサイド入りが濃厚に

マンUへの復帰説は消滅か

マンUへの復帰説は消滅か

バーンリーの守備の要として君臨している photo/Getty Images

今季のプレミアリーグを7位で終えたエヴァートン。昨夏に就任したロナルド・クーマン監督の卓越した戦術眼も然ることながら、ロメル・ルカクやトム・デイビスをはじめとする若手選手が著しい成長を遂げるなど、まずまずの結果を残した。

こうした状況のなか、エヴァートンが現バーンリー所属DFマイケル・キーン(イングランド代表)の獲得に本腰を入れたと、英『THE Sun』が伝えている。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織でキャリアをスタートさせた経緯もあり、今夏の同クラブへの復帰説が囁かれていた同選手。しかし、同クラブが現ベンフィカ所属DFヴィクトル・リンデロフ(スウェーデン代表)の獲得に近づいたことを受け、同選手の同クラブ復帰に対する意欲が低下。こうした事情を好機と捉えたエヴァートンが獲得レースに参戦したという見方が同紙で報じられている。

今年3月に行われたドイツ代表との親善試合でイングランド代表デビューを果たしたキーン。かつてマンチェスター・ユナイテッドの最終ラインに君臨したリオ・ファーディナンド氏からも才能を認められたことで知られているが、マージーサイドの古豪に戦いの場を移すのだろうか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ