「生きているなんてラッキーだ」頭蓋骨骨折から退院したライアン・メイソンが周囲のサポートに感謝

「感情のジェットコースターに乗っているようだった」

「感情のジェットコースターに乗っているようだった」

感謝の言葉を口にしたメイソン photo/Getty Images

ハル・シティは先月31日、プレミアリーグ第22節チェルシー戦で頭蓋骨を骨折したMFライアン・メイソンが退院したことを報告した。

同選手が自身の回復を願ってくれた全ての人々にむけて感謝の言葉を口にしたと、米『ESPN』が伝えている。

「まるで感情のジェットコースターに乗っているような気分だったよ。生きているなんて、本当にラッキーだと思う。この1週間、婚約者や家族が僕宛に届いた応援メッセージを読んでくれた。多くの仲間やファンからメッセージをもらって、どのメッセージも僕に強さを与えてくれたよ。この感動を言葉で言い表すのは難しいね。最後に、ハル・シティやチェルシーの医療スタッフ、入院中に素晴らしい治療を施してくれたセント・メアリー病院のスタッフの皆さんに、特別な感謝の気持ちを伝えたい。これからは回復に専念するよ」

多くの人々に支えられ、無事に退院を果たしたメイソン。再びピッチに立つ日がおとずれることを願うばかりだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ