フィオレンティーナのエースストライカーは中国行きを拒否! 「報道陣が僕を移籍させたがっていた」

イタリアでのプレイを続けたい

中国のへの移籍が噂されていたフィオレンティーナのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチは、チームに残留することとなりそうだ。

今季公式戦25試合に出場し、13ゴール3アシストを記録しているカリニッチ。クロアチア『sportske novosti』のインタビューで「フィオレンティーナに残るつもりだ。もちろん、これは僕自身が決断した。イタリアでのプレイを続けたいと思っている。2年前にここへ来たときから、居心地の良さを感じているしね」と残留宣言を行った。

さらに「移籍に対する大きなプレッシャーがあった。みんな僕を中国へ行かせたがっていたしね。特に報道陣はそうしたがっていたと思うよ。ただ、フィオレンティーナのファンは違った。本当に天津権健がフィオレンティーナへオファーを出していたのかは定かでないけど、オファーを受けずに残留することを決めた」と移籍報道の裏話も明かしている。

フィオレンティーナのエースストライカーであるカリニッチ。今後も彼のプレイはイタリアで見ることができそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ