マンUで香川と仲良しだったレフトバック ”プレミア制覇”の肩書に誇り「ジェラードでもできてない」

香川と同じ年に加入

香川と同じ年に加入

ディナモ・モスクワに所属するビュットネル photo/Getty Images

2012年から2年間マンチェスター・ユナイテッドでプレイした左サイドバックのアレクサンデル・ビュットネルは、残念ながらポジションを掴むことはできなかった。マンUでは13試合に出場するに留まり、近年の補強の中では失敗作と言っていいだろう。

しかし、ビュットネル本人はマンUで失敗したとは思っていない。英『METRO』によると、ビュットネルは「マンUでの冒険は失敗ではなかったよ。僕はプレミアリーグ王者になったんだ。ジェラードですらできていないことをね。マンUでは成長することができた。チャンピオンズリーグ準々決勝にも出て、ロッベンと対戦したしね」とコメント。マンUでの2年間を失敗とは捉えていないようだ。

ビュットネルはあまり試合に出場することはできなかったが、チームはアレックス・ファーガソン氏にとって最後の指揮となった2012-13シーズンにリーグ制覇を果たしている。一応はビュットネルもプレミアリーグ制覇を経験した選手ということになり、確かにそれは元リヴァプールMFスティーブン・ジェラードでも達成できていないものだ。

また、ビュットネルはマンUでチームメイトだった日本代表MF香川真司とも仲が良いと言われていた選手だ。香川もビュットネルと同じ2012年に加入しており、リーグ制覇を経験している。香川にとっては不本意な出来に終わったかもしれないが、ビュットネルはプレミア王者になったことを誇りに感じているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ