「本田よ、10番を返上せよ」現地ジャーナリストがミラン本田に提言

その番号は名誉であると同時に重荷

その番号は名誉であると同時に重荷

カルピ戦での本田 photo/Getty Images

直近のローマ戦、イタリア杯のカルピ戦で先発し、2試合連続でアシストを記録したMF本田圭佑はミランでの立ち位置をポジティブなものにしつつある。

伊『カルチョメルカート』のフェデリコ・アルブリツィオ記者はこの2試合に共通する要素として本田を挙げ、その働きぶりを称賛。ローマ戦でクツカの同点弾をアシストし、カルピ戦でバッカの先制弾をアシストしたパフォーマンスを「サンシーロの観衆が求めていたもの」と評した。

しかし、評価を上げつつある一方でまだまだ懐疑的な見方は強いと同氏は指摘し、その原因に本田が背負う10番を挙げた。この番号はズボニミール・ボバン、ルイ・コスタ、クラレンス・セードルフといった名選手が代々ミランで背負ってきた番号であり、名誉と重責を意味する特別な番号だ。アルブリツィオ記者は本田が背番号を変えることで必要以上のプレッシャーから開放され、クラブ残留が懸かった今後の重要な6ヶ月を戦ううえでパフォーマンス向上に繋がると見ている。

同氏はあわせて、本田が10番を返上した際にこの番号を引き継ぐ選手はジャコモ・ボナヴェントゥーラが相応しいとした。ボナヴェントゥーラはサンシーロのファンから人気があるうえに、数少ない個人でのクオリティを持ち、献身性と連携面でチームに影響を与えられる選手だ。新加入選手が引き継ぐ可能性については、ミランのターゲットと目されるゼニトMFアクセル・ヴィツェル、ジェノアMFディエゴ・ペロッティを候補に挙げている。

本田にとってミランは憧れのクラブであり、10番は自身が望んだ番号だ。ミランに残るために、片方を手放さなくてはならないのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ