[U-23日本代表]苦しんで勝利を掴んだ手倉森監督、選手にかけたいと明かした言葉とは……

「苦しんだ分これ以上苦しいことはない」

「苦しんだ分これ以上苦しいことはない」

U-23日本代表を率いる手倉森誠監督 photo/Getty Images

AFC U-23選手権2016グループBの第1戦が13日に行われ、日本代表はカタールのグランド・ハマド・スタジアムで北朝鮮代表と対戦し、1-0のスコアで競り勝った。

リオ五輪に向けて重要な初戦、日本は立ち上がりの5分に右コーナーキックからファーサイドに走りこんだDF植田直通が右足で押し込んで先制。幸先良くゴールを挙げた日本代表だったが、その後は北朝鮮に主導権を握れられる。だが守備陣が奮闘し、0点にしのぎ切り、試合終了のホイッスルを聞いた。

指揮官の手倉森誠監督は「1戦目で十分鍛えてもらった。勝てたことがすべて。チームが堅いなかで勝てたのは非常に大きかったと思う。これ以上悪い試合をすることはないと思う。あとは自信を持って戦うだけ」と試合の感想を語った。

また北朝鮮戦で見えた課題について問われると「自分たちがボールを保持して試合を進めることに臆病になっていた。先制点が早すぎて意識がちょっと守備にいっていた。もう少ししぶとく戦う準備をさせていきたい」とコメントした。

そして16日に開催されるタイ代表戦に向けて「『苦しんだ分これ以上苦しいことはない』と選手たちをリラックスさせたい」と選手に声をかけると明かした。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ