[U-23日本代表]逃げ切ったことが成果 鹿島DF植田の先制ゴールでしぶとく勝点3掴む

幾度もピンチを凌ぎ完封

幾度もピンチを凌ぎ完封

1-0で勝利を収めたU-23日本代表 photo/Getty Images

AFC U-23選手権2016グループBの第1戦が13日に行われ、日本代表は北朝鮮代表と対戦。試合はカタールのグランド・ハマド・スタジアムで行われた。

リオ五輪に向けたアジア最終予選となる重要な初戦。ヤングボーイズに所属するFW久保裕也とザルツブルクに所属するMF南野拓実が先発出場を果たし、若きサムライは[4-4-2]の布陣で臨んだ。

試合のスコアは開始早々に動く。日本代表はコーナーキックのチャンスを得ると、ファーサイドに走りこんだDF植田が右足で押し込んで先制に成功する。セットプレイから幸先良くゴールを挙げた日本代表だったが、球際で激しくプレスを仕掛ける北朝鮮代表の守備に苦戦しなかなか押しこむことができない。

MFユン・イルグァンなどA代表でもプレイするメンバーが半数近くもいる北朝鮮が、ミドルシュートなどで日本代表ゴールを脅かす場面もあり、互いにゴール前に攻め込む緊迫した展開となった。だが、前半終了間際には日本が攻め立てる。44分には大学出身で唯一メンバーに選出されたDF室屋が右サイドの深い位置に侵入し、MF南野へ折り返しのクロスを供給。ボールを受けた南野がダイレクトでクロスを上げて、ゴール前でFW鈴木が合わせるもシュートは枠を逸れた。

さらにボックス内からFW久保が強烈なシュートを放つ場面もあったが、GKアン・テソンの好セーブに阻まれて前半を終える。日本が1-0でリードして迎えた後半。55分には左サイドを突破したDF山中のクロスにFW久保が左足で合わせてシュートを放つも、ポストを叩く。

その後は北朝鮮に押し込まれ自陣でプレイする試合の流れとなっていたが、79分に再びセットプレイから決定機を迎える。左サイドの深い位置、ペナルティエリア付近でFKを得ると、キッカーのDF山中がゴール前に蹴り込む。これをDF岩波が頭で合わせてネットを揺らすもオフサイドの判定を受ける。

後半終了間際には途中出場したMF豊川が、MFリ・ウンチョルを倒して北朝鮮にゴール正面の絶好の位置でFKを与えてしまう。キッカーのMFソ・ギョンチンが狙いすました低い弾道のシュートを放つも、ポストの脇を抜けて事なきを得た。

日本代表は早い時間帯に先制ゴールを挙げるも、その後は北朝鮮に押し込まれる苦しい時間帯を続いたが、幾度も決定機をしのぎ切り1-0のスコアで競り勝った。

日本代表は16日にタイ代表、19日にはサウジアラビアと対戦する予定となっている。

[U-23日本代表メンバー]
GK:櫛引
DF:室屋、岩波、植田、山中
MF:南野(→矢島 61)、遠藤、大島(→原川 77)、中島
FW:鈴木、久保(→豊川 89)

[スコア]
日本 1-0 北朝鮮

[得点者]
日本:植田(5)
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ