イグアインでもオバメヤンでもない 今季最高の得点率を誇るストライカーは?

意外な男が得点率No.1

意外な男が得点率No.1

決定率の高さが明らかになったベンゼマ photo/Getty Images

ナポリでゴールを量産するゴンサロ・イグアイン、同じくドルトムントのピエール=エメリク・オバメヤン、バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキ、バルセロナのネイマールとルイス・スアレスは今季の欧州サッカーを象徴する選手たちだ。しかし、彼らは欧州最高の得点率を持ったストライカーではない。

スペイン『マルカ』によると、今季最も働いているストライカーはレアル・マドリードのカリム・ベンゼマだ。ベンゼマはチャンピオンズリーグでもリーガ・エスパニョーラでも得点ランク首位に立っているわけではなく、BBCの中でもあまり目立たない存在だ。現在彼はリーグ戦でクリスティアーノ・ロナウドと同じ14得点を挙げているが、その内容には大きな差がある。

驚くべきことに、ベンゼマはロナウドよりもプレイ時間が700分も短いのだ。それで得点数が同じとなれば、ベンゼマの凄さが分かるというものだ。それはデータにも表れていて、ベンゼマは現在73分に1ゴール決めるゴールマシーンとなっている。欧州でこの記録を上回っている選手はおらず、同じ得点数のロナウドは122分に1ゴールだ。データ的にもベンゼマは欧州で最もコンスタントにゴールを決めている選手と言える。

その他のストライカーと比較しても、ベンゼマに次ぐ得点率を誇るパリ・サンジェルマンFW ズラタン・イブラヒモビッチが81分に1ゴール、ブンデスリーガ得点王のオバメヤンが83分に1ゴール、セリエA得点王のイグアインは89分に1ゴール、リーガ・エスパニョーラ得点王のネイマールが96分に1ゴール、スアレスが102分に1ゴールとなっており、各リーグの得点ランク首位の選手でもベンゼマの得点率には敵わない結果となった。

しかもベンゼマはPKも蹴っていないため、その決定率は凄まじい。今季はマテュー・ヴァルブエナの脅迫事件を巡る問題で不要な注目を浴びたが、サッカーの面でも注目すべき存在だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ