逆襲のレアル! 堅守誇るデポルティボから華麗なゴールラッシュ ジダン、最高の船出を迎える

ベイル、ハットトリック達成

ベイル、ハットトリック達成

ハットトリックを達成したベイル photo/Getty Images

リーガ・エスパニョーラ第19節が9日に行われ、レアル・マドリードとデポルティボが対戦。試合はレアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われた。

ラファエル・ベニテスからレアル・マドリードの監督を引き継いで初陣となったジネディーヌ・ジダンは、今シーズンなかなか出場機会に恵まれなかったMFイスコを先発で起用。前線にはFWガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドが並ぶ[4-3-3]の攻撃的な布陣となった。一方のデポルティボは、トップ下にMFファジル、ワントップにFWルーカス・ペレスを起用する「4-2-3-1」の布陣で臨んだ。

序盤は両チームともにゴール前に攻め込む緊迫した展開となったが、セットプレイからレアル・マドリードが決定機を迎える。15分、右コーナーキックからキッカーのMFクロースが蹴りこむとファーサイドでセルヒオ・ラモスがボレーシュートを放つ。これをGKルクスの手前でFWベンゼマがヒールキックでボールの軌道を変化させてゴールネットを揺らし、先制に成功する。

今シーズン好調を維持するデポルティボに対して、ベンゼマのゴールで先制したレアル・マドリードはさらに23分、DFカルバハルが右サイドの深い位置でボールを受けるとゴール前に狙いすましたクロスを供給する。これをFWベイルが頭で合わせてヘディングシュートを放ち、この試合で2ゴール目を決めてリードを2点差に広げる。

レアルのBBCが躍動し40分には、ベイルとの連携からクリスティアーノ・ロナウドがポストを直撃するシュートを放つも、前半は2点差に留まり2-0のスコアで後半を迎える。すると、後半の立ち上がり49分、クリスティアーノ・ロナウドによる右サイドからのクロスにベイルが左足でゴール右隅に流し込み追加点を重ねる。

クリスティアーノ・ロナウドのお膳立てで2点目を決めたベイルは、さらに63分にコーナーキックのチャンスから強烈なヘディングシュートを突き刺してハットトリックを達成。クロースのコーナーキックから決定機をものにした。
このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、レアル・マドリードはさらに追加点を重ねる。ディフェンスラインの裏へ抜け出したFWヘセがクリスティアーノ・ロナウドへラストパス。ヘセのボールはロナウドのやや後方に転がり、シュートまで持ち込めなかったが、こぼれたボールをベンゼマが蹴り込んで5点目を決めた。

今シーズンを通して18失点と堅守を誇るデポルティボから、レアル・マドリードは5得点を挙げるゴールラッシュを披露。ジネディーヌ・ジダンは最高の船出となり、ファンの望んでいたレアル・マドリードが帰ってきた。

[メンバー]
レアル・マドリード:ナバス、カルバハル、ぺぺ、セルヒオ・ラモス(→ヴァラン 46)、マルセロ、クロース、モドリッチ、イスコ(→ハメス・ロドリゲス 66)、ベイル(→ヘセ 74)、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド
デポルティボ:ルクス、フアンフラン、アリバス、シドネイ、ナバーロ(→ルシアーノ 66)、ベルガンティニョス、モスケラ、カルタビア(→グティエレス 46)、ファジル(→リエラ 66)、ルーカス・ペレス

[スコア]
レアル・マドリード 5-0 デポルティボ

[得点者]
レアル・マドリード:ベンゼマ(15、90+)、ベイル(22、49、63)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ