長友にまさかのトレード案!? インテルがエデル獲得に長友+金銭で交渉か

ラベッシ獲得失敗時のプランとして浮上

ラベッシ獲得失敗時のプランとして浮上

トレード要員となる可能性も出てきた長友佑都 photo/Getty Images

パリ・サンジェルマンFWエセキエル・ラベッシの獲得を狙っているインテルには、獲得できなかった際のプランBがあるという。

伊『フットボールイタリア』によると、ラベッシは600万ユーロの年俸を受け取りたいと考えており、インテルにとっては少々高額だ。さらにラベッシに興味を示しているのはインテルだけではなく、単純に獲得競争に敗れるケースも考えられる。

現在ラツィオのアントニオ・カンドレーヴァもリストアップしているものの、こちらもラツィオ側が3000万ユーロの移籍金を要求しており、獲得は容易ではない。そこで、浮上しているのがサンプドリアFWエデルだ。エデルは今季のリーグ戦でチームトップの10ゴールを挙げているエースだ。もちろん簡単に獲得できるわけはないが、インテルは自チームの選手を交渉に盛り込むことで獲得を実現しようと考えている。

現在候補に挙がっているのはDF長友佑都、ドドー、ダヴィデ・サントンの3名だ。サンプドリアは以前から長友獲得に興味を示していたこともあり、長友がエデル獲得の材料となる可能性も出てきた。一時はクラブとの契約延長が間近に迫っていると言われた長友だが、インテルはDF陣が豊富だ。にも関わらず今冬にPSGのファン・デル・ヴィールやマンチェスター・シティのパブロ・サバレタもリストアップしており、長友が絶対欠かせない選手というわけではない。

ラベッシを獲得できれば丸く収まる話ではあるが、長友はまだまだ油断できない位置にいるのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ