スペインサッカー連盟、レアルの国王杯失格処分を発表

レアル側は法的手段の構えも

レアル側は法的手段の構えも

カディス戦でのチェリシェフ photo/Getty Images

スペインサッカー連盟(RFEF)は4日、スペイン国王杯のカディス戦で出場資格のない選手を出場させたレアル・マドリードに失格処分を科すと発表した。クラブにはあわせて6001ユーロ(約80万円)の罰金も科されている。

レアルは2日に行われた国王杯4回戦でカディスと対戦し、3-1で勝利を収めていたものの、この試合で先制ゴールを挙げたMFデニス・チェリシェフは本来この試合に出場する権利を持っていなかった。ロシア代表MFは昨季期限付きで移籍していたビジャレアルで受けた3枚の警告によって出場停止期間にあり、それはシーズンをまたぎ、移籍を経ても持ち越されていた。

スペイン『マルカ』によればレアル側はチェリシェフの出場停止の知らせを受けていなかったとし、この処分を不当と見なしているとのこと。連盟への抗議が受け入れられなかった場合は、スポーツ裁判所に訴える意志も見せているという。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ