マルセイユ酒井は“フランスNo.1”サイドバック!? 仏メディアが第18節ベストイレブンに選出

マルセイユ
リーグ・アン
日本代表
酒井宏樹

new_gettyimages-617558924-min

ベストイレブンに選ばれた酒井 photo/Getty Images

第16節でもベストイレブンに選ばれていた酒井

日本代表DF酒井宏樹が所属するオリンピック・マルセイユは18日、リーグ・アン第18節でリールをホームへ迎え入れた。試合は、56分、61分と立て続けにゴールを奪ったマルセイユが2-0でリールに勝利し、年内最後のホーム戦を白星で終えた。

そんな中、この試合で右サイドバックとしてスタメン出場し、6試合連続フル出場を果たした酒井。仏『19H30 SPORT』が発表したリーグ・アン第18節のベストイレブンに選ばれている。その他には、ニースに所属する元ブラジル代表DFダンテなどが名を連ねる一方で、今節2ゴールを挙げた同じくニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは選外となった。

酒井は、仏『MADEIN FOOT』が発表した第16節のベストイレブンにも選ばれるなど、移籍1年目から早くもリーグ・アン屈指のサイドバックとなっている。今後の活躍にも注目したい。

仏『19H30 SPORT』が発表したベストイレブンは以下のとおり

GK
ヨンソン(ギャンガン)
DF
酒井宏樹(マルセイユ)
ケルブラ(ギャンガン)
ダンテ(ニース)
ベサ(カーン)
MF
トゥザー(リヨン)
ジレ(ナント)
ココ(ギャンガン)
ヴァルブエナ(リヨン)
ラスン(モンペリエ)
FW
クリベリ(バスティア)

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ