オランダ代表に激震! MFフレンキー・デ・ヨングが負傷でEUROを欠場することを発表

オランダ代表離脱が正式に発表されたフレンキー・デ・ヨング photo/Getty images

今季は足首の怪我に悩まされる年に

14日から開幕するEURO2024に参加するオランダ代表だが、早くも正念場に立たされている。

オランダサッカー協会は10日、バルセロナに所属するMFフレンキー・デ・ヨングがオランダ代表から離脱することを正式に発表。1年間で3度の足首のケガに悩まされ、今夏のEURO2024に間に合わない可能性があったデ・ヨングだが、足首に問題を抱えながらも召集されたオランダ代表では全体練習に合流し、監督も復帰の可能性を示唆していた。しかし、10日に行われたアイスランド戦後に同選手が負傷により、EURO2024を欠場することが決定した。

10日にアイスランド代表と国際親善試合を行い、4-0と大勝したオランダ代表。6日にもカナダ代表に4-0で勝利し、親善試合を2戦連続で4発快勝を飾るなど、好調を維持していた。しかし、同2試合と同様に本大会でもデ・ヨング不在となれば、大きな痛手となるはずだ。
そんなデ・ヨングだが、今季はバルセロナで度重なる足首のケガに苦しんでおり、昨年9月末から2カ月近く離脱。3月からは約1カ月もの間出場できておらず、一度は復帰したものの、4月21日のラ・リーガ第32節レアル・マドリード戦で再び途中交代。それ以降の試合では欠場が続いていた。

デ・ヨングは離脱が正式に決定した後、自身のSNSを更新。以下の声明を発表している。

「EUROに出場できないのは非常に残念で悲しい。ここ数週間、自分ができることはすべて取り組んできたが、足首の治療には残念ながら、もう少し時間が必要だ。国を代表して優勝を果たすのは、最高の栄誉だ。オレンジのシャツを着て、国歌を歌い、国中の応援を感じる。でも、今は国民と同じように、僕はサポーターとしてチームを応援するつもりだ」

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ