オシムヘン獲得から路線変更? チェルシーは “手頃なストライカー”獲得に向けドフビクに注目

チェルシーの新たなターゲットか photo/Getty Images

ラ・リーガ得点王に輝く

チェルシーは今夏にストライカーを補強すると考えられており、長い間ナポリのヴィクター・オシムヘンがターゲットとして浮上していた。

しかし『FootballTransfers』によると、チェルシーのオシムヘンへの興味は冷めつつあり、違う路線でストライカーの獲得を狙う計画だという。オシムヘンは多くのビッグクラブから注目されており、獲得には1億3000万ユーロ(約221億円)という超高額な移籍金が必要だと考えられている。

そんななか、チェルシーはより手頃な金額のストライカー獲得へシフトチェンジをしているようで、ジローナのアルテム・ドフビクに現在は注目しているとのこと。昨夏ジローナに加入した同選手は今シーズン、リーグ戦36試合で24ゴール8アシストをマーク。3位でフィニッシュし、CL出場権を獲得したジローナを引っ張った選手の1人であり、ラ・リーガの得点王に輝いた。
今シーズン大躍進を果たしたストライカーには4000万ユーロ(約68億円)の契約解除条項が設定されているとのこと。アトレティコ・マドリードも同選手の獲得に興味を持っているが、この金額を払うのは消極的と考えられている。

オシムヘン獲得に比べて、かなりコストを抑えることができるが、チェルシーは他にもRCランスに所属するエリー・ワヒやアーセナルが獲得を狙っているライプツィヒのベンヤミン・シェシュコなどもターゲットに挙げているという。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ