ジルーがEURO2024後の代表引退を明らかに! 「若い選手にポジションを譲る時」

EURO2024後の代表引退を明らかにしたフランス代表ジルー photo/Getty images

代表通算57ゴールはアンリを抑えて歴代トップ

長年フランス代表を牽引してきた37歳のベテランFWは代表生活に終止符を打つことを決めた。

24日、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーはフランス紙『L’Equipe』のインタビューで、EURO2024終了後に自身が代表を引退することを明らかにした。

これまでアーセナルやチェルシーで活躍し、2021年にACミランに完全移籍したジルー。1年目からセリエA優勝に貢献し、今季も主力として公式戦45試合16ゴールと年齢を感じさせないパフォーマンスを発揮していた。しかし、ジルーは今季終了後にミラン退団が決定。新天地はアメリカ、メジャーリーグ・サッカーのロサンゼルスFCと既に決まっており、ヨーロッパでのプレイに別れを告げていた。
そんなジルーだが、代表での活動にも一区切りを付けることを決断。2011年より代表でプレイしてきた同選手はここまで通算131試合に出場。フランスのレジェンドであるティエリ・アンリ氏らを抑えてフランス代表歴代トップとなる57ゴールを記録するなど、数々の功績を残していた。

同紙で代表を引退することについて語ったジルーは「もちろん非常に寂しいけど、若い選手たちのために自分のポジションを譲る時が来た」と理由を明かした。

これまでフランス代表に長らく君臨してきたジルーだが、有終の美となるEURO2024では2018年のワールドカップ制覇以来のタイトル獲得を成し遂げられるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ