マンチェスター・ユナイテッドの次期監督はコンテ!? 新オーナーとの相性は気になるが……

トッテナムを指揮したコンテ氏 photo/Getty Images

率直な物言いが諸刃の剣になることも

プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが、次期監督候補にアントニオ・コンテ氏の名を挙げていると『Football Italia』が報じた。

2023年にトッテナム・ホットスパーを退団して以降、フリーのまま長期休暇を取っていたコンテ氏は、今シーズン初めにルディ・ガルシア監督の後任としてナポリから打診を受けていたが、ミランやユヴェントスも興味を示し始め、その動向に注目が集まっていた。

コンテ氏は、監督としてセリエA優勝を4回(ユヴェントスで3回、インテル1回)達成し、プレミアリーグでチェルシーを指揮した際は2016-17シーズンのリーグ優勝と2017−18シーズンのFAカップを制覇した実績がある。
ただ一つ気になるのは、新オーナーのジム・ラトクリフ氏との相性だ。コンテ氏は選手時代から闘将と呼ばれ物怖じしない熱い人物で、率直な言動が物議を醸すこともしばしば。近年指揮したインテルとトッテナムの2つのクラブでは、フロントへの不満が爆発し退任した事例があった。しかもラトクリフ氏もメディアへのインタビューにて発言を厭わない人物で、つい最近もマンUの現監督のエリック・テン・ハーグとの対立が表面化していた。コンテ氏を次期監督に迎えるリスクは高いようにも思えてしまう。

果たして、来シーズンプレミアリーグの舞台で、感情むき出しに叫ぶ闘将の姿が再び見られるのだろうか。今後の動向に注目したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ