アントニオ・シウバ獲得レースはマンUがリード? バルサ、リヴァプール、チェルシーらが狙うポルトガルの逸材

多くのクラブが獲得を狙う若き逸材 photo/Getty Images

8000万ユーロを提示か

現在、ベンフィカでプレイするポルトガル代表DFアントニオ・シウバは多くのビッグクラブが獲得に興味を持っている選手の1人だ。

まだ20歳という若さではあるが、すでにチームでは欠かせない存在であり、ポルトガル代表にも名を連ねる逸材だ。バルセロナ、リヴァプール、チェルシーといったクラブが興味を示しているようだが、スペイン『Nacional』によると、現在マンチェスター・ユナイテッドが獲得レースをリードしているという。

ユナイテッドはジム・ラトクリフ氏が夏にストライカー、セントラルMF、センターバックの3つのポジション改革を検討しているようであり、そのCBとしてシウバをターゲットにしているとのこと。
そのためユナイテッドは8000万ユーロ(約130億円)を提示したと同メディアは伝えているが、ベンフィカの提示額を支払う用意があるようだ。同選手の契約解除金は1億ユーロ(約163億円)となっており、さらに高額な資金が必要になってくる。

ユナイテッドは同選手獲得のために高額な移籍金も厭わない姿勢のようだが、今夏にポルトガルの逸材を獲得することができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ