「リヴァプールでの最後の試合を終えてしまったのかも」 “ガラスの天才司令塔”の今季は5分だけで終わるのか

リヴァプールでは怪我が続いているチアゴ photo/Getty Images

本来はリヴァプールの中盤で1番手になれる実力者

今季ここまでのプレイタイムは、たったの5分。MFチアゴ・アルカンタラのリヴァプールでの戦いはもう終わってしまったのかもしれない。

天才肌の司令塔であるチアゴの現状を心配しているのは、スペイン『as』だ。

チアゴは昨季終盤より負傷離脱が続いていて、ようやく今月4日に行われたアーセナル戦で復帰を果たした。途中出場から5分間こなしただけだったが、チアゴにとっては昨年4月以来のゲームだ。僅か5分でも大きな一歩だったはず。
ところが、チアゴはそのアーセナル戦で再び負傷してしまった。また離脱することになってしまい、さすがにショックが大きい。リヴァプールとの契約は今夏までとなっており、再びリヴァプールのシャツを着てピッチに立つかは分からない状況だ。

指揮官ユルゲン・クロップも「彼は医学的にいくつかのことに取り組まなければならないが、それが今シーズン再びプレイできることを意味するかどうかは分からない」とコメントしている。

同メディアは「チアゴはすでにリヴァプールでの最後の試合を終えてしまったのかもしれない。クラブとの契約が6月に切れるまで、彼はプレイできない可能性がある」と落胆している。

バイエルン時代は3冠に貢献するなどトップクラスのゲームメイカーだったが、リヴァプール移籍後は怪我が続いている。能力的にはリヴァプールの中盤を支配できる選手のはずだけに、現状はあまりに寂しいものだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ