遠藤も松葉杖をついてウェンブリーをあとに…… オランダ代表MFも負傷、カイセド大暴れでリヴァプールにさらなる野戦病院化の懸念

遠藤も負傷していたようだ photo/Getty Images

ケガ人だらけだ

カラバオカップ決勝戦でチェルシーを破り、見事に今季1つ目のタイトルを手にしたリヴァプール。延長戦後半の118分にキャプテンのフィルジル・ファン・ダイクがヘディングシュートを決めるという、劇的な幕切れとなった。

しかし、懸念はさらなるケガ人が増えてしまったことだ。日本代表MF遠藤航は120分フル出場を果たしチームに貢献したが、松葉杖をついてスタジアムをあとにしたと地元紙『Liverpool ECHO』などが報じている。モイセス・カイセドとの接触が原因だという。

カイセドとの接触といえば、オランダ代表MFライアン・グラフェンベルフもカイセドに足を踏まれて負傷退場した。中盤はドミニク・ショボスライやカーティス・ジョーンズ、チアゴ・アルカンタラが離脱中で、遠藤やグラフェンベルフも離脱となれば負傷者続出のリヴァプールの危機にさらに拍車をかける事態となる。
プレミアリーグで首位を走るリヴァプールだが、負傷者続出が息切れを招くか。負傷の続報が待たれる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ