セルタで積み重ねたラ・リーガ通算“150ゴール” 戦い続ける36歳の点取り屋・アスパスへの称賛

セルタでプレイするアスパス photo/Getty Images

セルタで戦い続けて475試合

今季はここまでリーグ戦19試合に出場して3ゴールとペースが上がらないが、今季も変わることなくスペイン1部のセルタで戦い続けているのがFWイアゴ・アスパスだ。

アスパスはセビージャとリヴァプールでもプレイした時期があるが、キャリアのほとんどをセルタで過ごしている。クラブにとっては絶対のレジェンドであり、今季もキャプテンマークを任されている。

見事なのはアスパスの得点記録だ。セルタは決してラ・リーガの上位常連というチームではないが、アスパスはその環境下でもゴールを量産。アスパスは今月13日のマジョルカ戦で挙げた得点により、ラ・リーガでの通算得点数が150の大台に乗った。
セルタでの通算得点数も199に達していて、通算475戦199ゴール72アシストの成績は見事と言うしかない。36歳を迎えた今も前線でのフル稼働は続いており、テクニックや得点感覚に加えて怪我の少なさも評価されるべきポイントだ。

チームは現在リーグで16位と苦しんでいるが、浮上にはアスパスのゴールが欠かせない。アスパス自身は2015-16シーズンからラ・リーガでの二桁得点を継続しており、個人的にはそこも目標となりそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ