MFながら古橋を抑えて“10ゴール7アシスト”の大暴れ セルティックで将来性No.1なオライリーの覚醒

セルティックで活躍するオライリー photo/Getty Images

5大リーグへのステップアップも可能か

得点ランキングではハーツのFWローレンス・シャンクランド(13ゴール)に首位を譲ったが、ここまでスコットランド国内リーグで得点ランク2位タイとなる10ゴールを奪っているのがセルティックMFマット・オライリーだ。

セルティックでは昨季得点王の日本代表FW古橋亨梧が主な得点源だが、今季ここまではオライリーが得点数で上回っている。10ゴール7アシストと圧巻の内容だ。

オライリーはまだ23歳と若く、以前からステップアップの可能性が噂されてきた。今季のパフォーマンスを見ても、5大リーグでプレイできる逸材ではないだろうか。
英『The Scottish Sun』によると、セルティックOBのポール・ランバート氏も高いレベルでプレイできる素質はあると評価する。

「テクニックの部分では、彼は非常に優れているね。守備に関しては、まだ学ぶべきことがたくさんあると思う。スコットランドよりもレベルが高いチャンピオンズリーグの試合において、彼の守備的なアクションはまだ十分ではないところを見てきた。 それでも才能、特にボールテクニックに関して言えば、彼は本当に本当に素晴らしい」

「彼がすぐにマンチェスター・シティに入れると言っているわけではない。あのチームに割って入るためには、とんでもない選手でなければならないし、彼はまだそのレベルに達していない。しかし、スタイル的にはワンタッチ、ツータッチでボールをさばくシティのようなチームは、彼に適していると思うよ」

23歳という年齢を考えても、今のセルティックで最も将来性豊かな選手と言ってもいいだろう。今季記録している10ゴール7アシストという数字も、アピールとしては十分すぎるレベルだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ