35歳の今が全盛期? インテルの最終ライン束ねる番人は現イタリア最高のDFとなる

インテルの守備を束ねるアチェルビ photo/Getty Images

これまではボヌッチらの方にスポットが当たっていたが……

セリエAで首位を維持し、チャンピオンズリーグでも危なげなく決勝トーナメント進出を決めたインテル。そのチームを最終ラインから支えるのが35歳のベテランDFフランチェスコ・アチェルビだ。

やや地味なセンターバックとの印象もあるかもしれない。長くサッスオーロとラツィオで活躍してきたセンターバックではあるが、イタリア代表でも絶対的主力だったことは少ない。世代の近いところにレオナルド・ボヌッチやジョルジョ・キエッリーニら名手がいたこともあり、代表でもバックアッパー的立ち位置にあることが多かった選手だ。

しかし、昨夏に加入したインテルで35歳・アチェルビの評価はじわじわと上昇している。昨季チームはチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち進んだが、3バックを中心からまとめていたのはアチェルビだ。決勝トーナメントからは全試合にフル出場しており、シモーネ・インザーギのサッカーに欠かせないディフェンスリーダーとなっている。
それは今季も変わらず、怪我から戻ってきたセリエA第4節よりフル出場を続けている。チャンピオンズリーグでも第3節のザルツブルク戦以外は3試合とも出場しており、35歳の今が最も充実した時間と言っていいかもしれない。

イタリア代表では優勝したEURO2020のメンバーに入っていたが、準々決勝、準決勝、決勝はすべて出番がなかった。当時はボヌッチ、キエッリーニが中心で、アチェルビに注目が集まる機会は少なかったのだ。

しかし、193cmのサイズを誇るアチェルビはセリエAでの経験も豊富な頼れる大型センターバックだ。今のイタリア代表ではインテルでチームメイトのアレッサンドロ・バストーニやアタランタのジョルジョ・スカルビーニなど若手DFも育っているが、アチェルビの経験値と冷静さは貴重な武器となる。現在のセリエAで最も安定しているチームと言っていいインテルの守備を束ねているリーダーとなれば、イタリア代表でも主力としてプレイするにふさわしい選手と言えよう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ