クドゥス、ティンバーらアヤックスはまたも主力流出の夏? 昨季は国内で3位と落ちてしまった戦力

昨季はエールディヴィジのタイトルを逃したアヤックス photo/Getty Images

避けられない宿命でもあるが……

クラブの宿命とも言えるが、昨季のアヤックスは主力の大量流出に苦しんだ。

昨夏はFWアントニーとDFリサンドロ・マルティネスがマンチェスター・ユナイテッドへ、FWセバスティアン・ハラーがドルトムント、MFライアン・グラフェンベルフがバイエルン、DFペール・スフールスがトリノ、ニコラ・タグリアフィコがリヨン、ノゼア・マズラウィとDFダレイ・ブリントがバイエルン、GKアンドレ・オナナがインテルと、実力者が相次いで退団。

そのぶん売却益も手にしているが、なかなかチーム力を上げられないままエールディヴィジを3位で終えてしまった。王座はフェイエノールトに譲る格好となり、エリック・テン・ハーグ体制で続いていた支配は終わりを迎えたのだ。
そのテン・ハーグも昨夏マンUに引き抜かれており、指揮官のバトンタッチも上手くいかなかった。

今夏も危機は続く。すでにローマからMFベンヤミン・タヒロヴィッチ(20)、トゥールーズからMFブランコ・ファン・デン・ブーメン(27)を獲得しているものの、主力流出の気配も漂う。

ビッグクラブから狙われているのは、FWモハメド・クドゥス、DFユリエン・ティンバー、MFエドソン・アルバレスといったタレントだ。

いずれも若き実力者であり、ステップアップを考える頃合いなのは間違いない。若い選手を育て、売却するスタイルのアヤックスにとっては避けられないものだが、今夏に戦力を上げられるのか。サポーターが求めるのはエールディヴィジ王座奪還であり、3位は納得できる結果ではない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ