“3シーズン連続”で降格を味わうとは…… ウェールズの才能はチェルシーからのレンタルで大苦戦

今季はスペツィアで降格味わったアンパドゥ photo/Getty Images

今季はスペツィアが降格

レンタル先とはいえ、立て続けに降格を味わうのはショックだろう。

2020年より3シーズン続けて2部降格の屈辱を味わったのは、ウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥだ。

2017年にチェルシーへ加わったアンパドゥは、若い頃よりポテンシャルが評価されてきた。ウェールズ代表デビューも同年と早く、22歳の若さで代表通算42試合をこなしている。
ただ、クラブの方では思うような成果が出ていない。降格の始まりは2020年夏にチェルシーからレンタル移籍したシェフィールド・ユナイテッドのことで、シェフィールドはこのシーズンでプレミア最下位に。

続く2021年にはイタリア・セリエAのヴェネツィアへレンタル移籍したが、ヴェネツィアも最下位で終了。アンパドゥもイエロー12枚、レッド2枚を受けるなどカードトラブルが目につくシーズンとなってしまった。

そして今季は同じくセリエAのスペツィアにレンタル移籍したのだが、チームは17位でレギュラーシーズンを終了。18位のヴェローナとの残留プレイオフに回ることとなり、この直接対決にスペツィアは1-3で敗北。

アンパドゥもトップチームではデビュー初ゴールとなる得点を記録したのだが、それも及ばなかった。個人ではまさかの3シーズン連続で降格を味わうことになり、アンパドゥにとってはほろ苦い3年間となってしまった。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ