“6セーブ”と輝くも悔しい4失点 リヴァプールの最終戦で今季リーグ初先発のケレハーの成長に期待

ケレハーの成長に期待だ photo/Getty Images

セインツに4-4のドロー

リヴァプールはプレミアリーグ第38節でサウサンプトンと対戦。4ゴールを奪うものの、4失点を喫してドローで決着した。この試合で今季リーグ戦初先発を飾りながらも、悔しい結果となった男がクイヴィン・ケレハーだ。

今季プレミアリーグはアリソン・ベッカーが全試合に出場していたリヴァプールだが、最終節にはケレハーが起用された。昨季はクラブにカップ戦のタイトルをもたらした実力者は、相手のピンチにも立ちはだかり存在感を発揮する。

データサイト『SofaScore』によれば、この試合でケレハーはセーブ数「6」を記録。自身の実力を十分に見せたケレハーだが、4失点という悔しい結果になってしまった。

確かに相手の決定機での好守を見せることができず、リヴァプールのピンチの場面でことごとく失点してしまった。あそこで止めきることができれば、さらに高い評価を得ることができるだろう。アカデミー育ちのGKのさらなる成長に期待だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ