FC東京のストライカーが新潟戦で決勝点 ゴールを決め切ったオリヴェイラの強烈な一発

オリヴェイラがチームの2点目を決める photo/Getty Images

34分に勝ち越し弾

FC東京はJ1第10節でアルビレックス新潟と対戦し、2-1と勝利した。強烈なシュートを決め切ってチームに勝点をもたらした男がディエゴ・オリヴェイラだ。

8分に先制ゴールを決めたFC東京だが、わずか4分後に新潟の伊藤涼太郎に同点FKを決められてしまう。嫌な流れとなったチームを救ったのは、助っ人の豪快な一発だった。

34分に右サイドから安部の折り返しを受けたオリヴェイラは、巧みにボールをキープして前を向くと、ペナルティエリア右角からシュートを放つ。ボールは右ポスト内側を射抜き、このゴールが決勝点となった。

60分にはPKのチャンスも外してしまったオリヴェイラ。それでも結果を残してチームの勝利に貢献する活躍で、FC東京は連勝となった。彼がゴールを積み上げることでチームは上位へと邁進する。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ