ポルトで“リーグ通算50ゴール”とエースに君臨 天王山で逆転弾のイラン代表エースはポルトガル屈指の点取り屋に

タレミのゴールで逆転勝利する photo/Getty Images

ポルト加入前年には得点王にも

ポルトはプリメイラリーガ第27節でベンフィカと対戦し、2-1と逆転勝利を飾った。天王山で決勝ゴールを決めたFWがメフディ・タレミだ。ポルトガルで輝くイランのエースは、リーグ屈指のストライカーとなっている。

ベンフィカ戦では[4-2-3-1]の1トップを務めたタレミは、前線から起点となってチャンスに絡んでいく。序盤はベンフィカに押されて失点を許す展開となったが、ストライカーがここぞのチャンスを逃さなかった。

味方がつなげたボールをタレミが受けると、ペナルティエリア外から狙いすまして右足を振り抜く。タレミが左隅を射抜いたコントロールショットでゴールネットを揺らし、逆転のゴールを決めてチームに勝利をもたらした。

2019-20シーズンにはリオ・アヴェで30試合18ゴールを挙げてリーグ得点王となったタレミ。翌年にはポルトへ加入し、初年度から16ゴール、昨季はキャリアハイの20ゴールを決めるなど、エースに成り上がった。3年目を迎え、今季もすでに14ゴールとポルトガルで得点を量産中のストライカーは、大逆転優勝を目指すチームの前線をけん引する。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ