リヴァプールの中盤補強は夏に本格化? 狙うはベリンガムとヌネスの二枚獲りか

ヌネスの移籍はあるか photo/Getty Images

CL出場も重要になる

今季は序盤戦からケガ人が続出するリヴァプールは、後半戦から巻き返しを図りたかったものの、ブレントフォード、ブライトンに連敗してプレミアリーグで9位に甘んじている。今冬の補強はコーディ・ガクポのみとなっている。

そんなリヴァプールは夏の補強に向けても動き出しており、シーズン終了後に本格的に中盤の補強を行う予定だと英『Mirror』で言われている。第一候補として挙がっているのは、ドルトムントのジュード・ベリンガムであることは変わりない。

さらにウォルバーハンプトンからマテウス・ヌネスの獲得も目指しており、この2名の獲得に動く構えのようだ。今季スポルティングCPから加入し、ウルブズの中盤を支えるヌネスが中盤のケガ人続出にあえいだリヴァプールを救うことになるか。
どちらにせよ今季の結果は重要となってくるだろう。UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得できなければ、来季に向けた補強も劣勢となる可能性も否めない。まずは今冬でできる補強を行いたいところではあるが、どのような動きを見せるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ