日本代表にもやられたスペインはどうする エンリケ政権になかった“ティキ・タカ以外”のオプションB&C

スペインは4年後へどう変わるのか photo/Getty Images

新たな引き出しを探す旅が始まる

グループステージでは日本代表にも敗れ、苦い結果でFIFAワールドカップ・カタール大会を終えたスペイン代表。大会中から何度も『ティキ・タカの終焉』と騒がれ、そのプレイスタイルにも疑問の目が向けられた。

チームを指揮していたルイス・エンリケは退任し、今後はルイス・デ・ラ・フエンテがチームを指揮することになる。まずはEURO2024へ向けて勝てるスタイルを模索していくところからだ。

同時にスペイン代表のスポーツディレクターに就任したアルベルト・ルケは、エンリケ体制のスペイン代表にオプションが不足していたと指摘する。
「ルイス・デ・ラ・フエンテにはオプションA、B、Cがある。ボールを大事にしたフットボールも出来るけど、よりダイレクトなスタイルが必要ならば切り替えられる。3-5-2、4-4-2、4-3-3のいずれでも問題はない。エンリケのチームにはこのオプションが不足していた。W杯ではダイレクトな展開や、ウナイ・シモンから相手を驚かせる素早いキックもなかった。すべてのチームが我々の戦い方を理解していたからね」(『MARCA』より)。

もはやティキ・タカは時代遅れなのか。それともポゼッションベースのスタイルは残しつつ、ダイレクトなフットボールも取り入れていくのか。このあたりはデ・ラ・フエンテの腕の見せ所だ。ボールを圧倒的に支配しながら敗れた日本戦、続くベスト16のモロッコ戦はカタール大会のトレンドを象徴するようなゲームだっただけに、その餌食となったスペインが今後どう変わっていくのか注目される。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ