今季14試合で8ゴール5アシストの大暴れ ヤング・サムライがシャルケのトップチームに昇格?

シャルケのリザーブチームでプレイする上月壮一郎(画像はU-18日本代表) photo/Getty images

期待したい若手の一人だ

FIFAワールドカップ・カタール大会を戦った日本代表にはドイツのトップカテゴリーであるブンデスリーガで戦う選手が多くいた。ゴールを決めた浅野拓磨、堂安律がその筆頭で、遠藤航、鎌田大地もそうだ。普段ドイツを拠点にする選手たちはドイツ代表相手にひるまず戦っており、彼らの活躍が勝利につながった。

そんなブンデスリーガでプレイする日本人が今後増えるかもしれない。それがシャルケのMF上月壮一郎である。

京都サンガF.C.出身の21歳で、2022年にシャルケのリザーブチームに加わった。U-20の日本代表歴がある。
独『Bild』によると、そんな上月にトップチーム昇格の可能性があるようだ。

シャルケは10日にトレーニングマッチとしてラピード・ウィーンとの対戦を予定しており、指揮官であるトーマス・レイスはシーズン後半戦に向けて若手を試す考えがある模様。上月はリザーブチームでここまで14試合8ゴール5アシストと印象的な活躍を披露しており、指揮官の目に留まっている。

上月のチャンスは2回あってそれが、ラピード・ウィーン戦と16日に予定されているハイドゥク・スプリト戦だ。ともに普段プレイしているよりの上のカテゴリー相手となるが、実力を見せられるのだろうか。

シャルケのリザーブチームでは[4-3-3]の左ウイングで起用されている上月。シャルケはここまで15試合で13得点と決定力不足に悩まされており、彼がチームを救うヒーローとなるのだろうか。トップチームに上がれば吉田麻也からサポートを受けられることになり、強力な援軍もいる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ