トップチームでの出場時間はわずか13分 キャリアが好転しないリヴァプール新加入MFの現在地

リヴァプールでのアルトゥールの姿はナポリ戦での見納めになってしまうかもしれない photo/Getty images

ここでの離脱はツイてない

昨季はプレミアでマンチェスター・シティと最後までタイトルを争い、CLではファイナルまで進んだリヴァプール。どちらも最後の最後で敗れてしまったが、近年欧州を代表するチームの一つであることは間違いない。

しかし今季はその面影がない。リーグ戦では7試合消化して白星はわずかに2つ。勝ち点10で10位と中位に沈んでいる。その要因は減らない負傷者の数であり、一時期の中盤は明らかに人が足りなかった。とくにチアゴ・アルカンタラの離脱が大きく影響しており、勝てない理由であった。

そこでリヴァプールは移籍市場の終盤にユヴェントスからMFアルトゥールを獲得した。バルセロナで飛躍を掴んだ中盤戦士で、近年パフォーマンスに陰りは見られるが、人が足らないこの状況であれば力になるとリヴァプールは考えたのだろう。
しかし未だリーグ戦での出番はなく、出場したのは1-4で大敗したCLナポリ戦での13分のみだ。

英『90min』によると、アルトゥールはトレーニングで負傷し最大4カ月の離脱となる可能性があるようだ。フィットネスの問題でCLレンジャーズ戦を欠場しており、検査の結果手術が必要なことが分かった。

相変わらず怪我人がゼロにならないリヴァプールだが、中盤はチアゴ、ファビーニョ、ジョーダン・ヘンダーソンがおり、カーティス・ジョーンズがトレーニングに復帰したと英『Liverpool Echo』が伝えている。レンジャーズ戦では[4-2-3-1]とダブルボランチを採用したこともあって中盤を3枚にする必要はなくなっており、アルトゥールの負傷は残念だが、復帰後出番があるかは怪しい。シーズンローンでの加入であり、インパクトを残せず退団となってしまう可能性が浮上してきた。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.285 移籍市場の勝者はどこだ!?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ