5年間で世界で戦えるフィジカルMFに チャンスメイカー・鎌田が“タックル数チームNo.1”の衝撃

フランクフルトを支える鎌田 photo/Getty Images

もうパワー不足とは言わせない

今から5年前の2017年夏、サガン鳥栖でプレイしていたMF鎌田大地がフランクフルトと契約を結んだ。この頃は、まだ5大リーグで戦う体が出来上がっていないのではとの見方もあった。

実際に鎌田はいきなり出番を確保できたわけではなく、2018-19シーズンは日本人選手が多く所属するベルギーのシント・トロイデンにレンタル移籍している。

しかしここで鎌田は潰れることなく奮闘を続け、ベルギーの地で結果を出したことからフランクフルトへ復帰。26歳を迎えた今ではチームの大黒柱へと成長した。
持ち前のテクニックはもちろんだが、ドイツへ旅立った頃に比べればパワーがついた印象が強い。ブンデスリーガの戦いや日本代表のゲームでも海外の選手に当たり負けする機会は減っている。

その成果は守備面にも表れている。今季はボランチでの起用も増えているが、ここまでリーグ戦でのタックル成功数13回はチームトップだ。攻撃が最大の持ち味なのは確かだが、守備面でも体を張れる選手となった。

1日には首位に立つウニオン・ベルリンを撃破しており、独『Frankfurter Allgemeine』は守備的MFを上手くこなした鎌田について「強力なタックルの部分でも地位を確立している」と守備面の貢献も評価している。

加えてチャンスメイク数でもチーム第3位となる8回を記録しており、攻撃面でも重要な存在であることに変わりはない。

背後では再びスタメン起用が増えてきた長谷部誠が最終ラインを統率しており、長谷部についても同メディアは「言うまでもないディフェンスオーガナイザー。最終ラインを接着剤のようにまとめている」とリーダーシップの部分を絶賛する。

長谷部は組み立ての部分でも違いを発揮できる選手で、そこは鎌田も同様だ。フランクフルトのセンターラインを日本人が担っているのは実に誇らしい。鎌田はワールドカップへ向かう日本代表メンバーにも入ってくるはずで、フランクフルトでの守備経験はトップ下で起用される場合にも活きてくるだろう。26歳を迎え、年齢的にもベストに近い状態でカタールへと向かう(データは『WhoScored』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ