PSGの攻撃を潰しまくった“モナコ2人の番人”は何者か チュアメニ抜けてもNew潰し屋が躍動中

ムバッペを潰しに行くカマラ photo/Getty Images

あのパリの攻撃をPKの1点のみに抑えた

今季のモナコは前線にFWブリール・エンボロ、日本代表FW南野拓実の2人を加えるなど、どちらかといえば攻撃面にスポットが当たっている。今夏の補強もあり、フランス国内ではパリ・サンジェルマンに次いで豪華な攻撃陣との評価もあるほどだ。

しかし、守備の方も見逃せない。28日には王者パリ・サンジェルマンと対戦して1-1で引き分けたが、このゲームでも目立ったのは守備陣だ。

特に中盤でコンビを組んだユーセフ・フォファナ(23)とモハメド・カマラ(22)のパフォーマンスは圧巻だった。マリ代表のカマラは今夏にオーストリアの強豪ザルツブルクから獲得された選手で、身体能力の高い潰し屋だ。
一方のフォファナもリーチが長く、思わぬところから足が伸びてくる。この2人はパリ戦で初めて先発からコンビを組んだが、パリの豪華攻撃陣を何度も止めてみせた。モナコは今夏にオーレリアン・チュアメニをレアル・マドリードに売却しているが、この2人なら穴を埋められるかもしれない。

彼らの後ろには、これまた身体能力の高いセンターバックが3枚並ぶ。193cmのサイズを誇るギジェルモ・マリパン、世代別フランス代表に選ばれてきたアクセル・ディザジ、ビッグクラブからも注目されるブノワ・バディアシルだ。全員が190cm台のサイズを誇り、パリの攻撃をPKの1点のみに抑えてみせた。全体的にはモナコのペースで進んでいたゲームだったと言えよう。

惜しくもパリ撃破とはならなかったが、モナコの戦いに可能性を感じた人は多いはず。特にカマラとフォファナのコンビは楽しみで、カマラに関しては数年後にビッグクラブへ引き抜かれる可能性もありそうだ。

今夏のモナコはどこか攻撃陣に注目が集まりがちだったが、パリの攻撃を1点に抑えた守備陣にもスポットを当てていくべきだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ