伊東純也所属スタッド・ランスに激震 “守備の要&配球役”がプレミア行き濃厚に

レスター・シティ行きの可能性があるヴォウト・ファエス photo/Getty images

守備の要を失うことに

開幕から4試合白星がない伊東純也所属のスタッド・ランス。2分2敗の勝ち点2となっており、そろそろ勝ち点3が欲しい。

そんなスタッド・ランスに追い打ちをかけるように主力引き抜きの話が出てきた。仏『Get French Football News』によると、DFヴォウト・ファエスがレスター・シティに移籍する可能性があるようだ。チェルシー行き間近とされるウェズレイ・フォファナの後釜として獲得されるという。移籍金は総額2000万ユーロで、5年契約になるようだ。

スタッド・ランスとしては非常に厳しい引き抜きだ。ファエスは20-21シーズンからクラブでプレイする守備の要であり、昨季は全37試合に出場して4ゴールを記録している。
開幕からは3バックの中央でプレイし、攻守両面で輝きを放った。リヨン戦での伊東のゴールはこのファエスの持ち上がりから始まっている。

ハーフウェイライン付近でボールを受けると、そのままドリブルで持ち上がり、右サイドにはたく。自身もそのままボックス付近まで駆け上がって攻撃に絡んでいる。ファエス自体にはゴールもアシストも記録されていないが、ベルギー代表にも選ばれているDFの果敢な攻撃参加が、貴重なゴールを生んだ。

スタッド・ランスは後方からのビルドアップが組織的に整備されているチームではなく、ファエスの離脱は痛い。移籍金は十分な額を貰えるようで、代役は探せるが、このわずかな移籍期間で確保できるかは怪しいところだ。

前線の伊東やフォラリン・バログンといった強力な攻撃陣にボールを運ぶ役割をこなしていたファエス。優秀な選手であり、引き抜かれること自体は不思議ではないが、後釜の確保は間に合うのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ