リヴァプールとアトレティコによるD・ルイス争奪戦へ 移籍市場終盤でブラジル代表MFの移籍はあるか

今季は先発出場は1試合のみ photo/Getty Images

ケガ人続出のリヴァプール

今季はケガ人が続出して開幕ダッシュに失敗したリヴァプール。第4節のボーンマス戦で9-0とうっぷんを晴らすかのような勝利で、ここから再スタートといきたいところだろう。

依然としてリヴァプールの中盤は主力の多くが離脱しており、さらなる補強の声を願う声も聞こえている。候補としてウォルバーハンプトンのルベン・ネベスが上げられたものの、具体的な進展については出てきておらず。ネベスに代わってほかの選手の噂も浮上している。

それがスティーブン・ジェラードが率いるアストン・ヴィラのドウグラス・ルイスだ。英『EXPRESS』によれば、リヴァプールがD・ルイス獲得へ2000万ポンドのオファーを提出したと報道。来夏でヴィラとの契約が切れる同選手だが、その前にリヴァプールが獲得しようと考えているようだ。昨冬にはニューカッスルからの3000万ポンドのオファーを断っているヴィラだが、ジェラード監督が希望額よりも低い価格で売却することを許可する必要があるだろうと同紙が伝えた。
また英『Mirror』ではアトレティコ・マドリードがD・ルイスの関心を強めており、移籍期間の終了間際にブラジル代表MFの争奪戦が行われるかもしれない。マンチェスター・シティでは出場することができなかったが、スペインで経験を積み、2019-20シーズンにヴィラへと加入。今季で4年目を迎え成長を続ける24歳は、新天地への移籍を決断するのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ