アトレティコはやはりC・ロナウドが欲しい? マンUとの大型トレードを画策とも

ブレントフォード戦に出場したC・ロナウド photo/Getty Images

スペインへの復帰はあるか

今夏マンチェスター・ユナイテッドから退団を希望しているクリスティアーノ・ロナウドだが、いまだに移籍先は見つからず宙ぶらりんな状態が続いている。そんな中でプレミアリーグ第2節のブレントフォード戦に先発出場するものの、ゴールを奪うことはできず、チームも0-4と完敗を喫してしまった。

移籍か残留か注目が集まる中で、アトレティコ・マドリードが大型トレードを画策しているかもしれない。英『Mirror』によると、アトレティコがチームの新たな得点源としてC・ロナウドの獲得を目指していると報道。さらにユナイテッド側にはアントワーヌ・グリーズマンを提供すると考えているようだと伝えている。

レアル・マドリードで数多くの栄光を手にしてきたC・ロナウド。同じ街のライバルへの移籍は実現するのだろうか。7月にもアトレティコがC・ロナウドへの関心の示した際、ファンは同選手の獲得に反対しており、SNSなどでその意思を表明していた。それでもチームを離れたルイス・スアレスのようなエースが欲しいと思っており、アルバロ・モラタやジョアン・フェリックスとともに攻撃陣をけん引する存在が必要だと考えているかもしれない。

ユナイテッドとしても攻撃陣の補強がうまく進まない中でグリーズマンは非常に大きな補強となるだろう。この大型トレードは実現するのか。今後の動向に注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ