リヴァプールの中盤を厚くする“背番号8”の存在 加入5年目を迎えたMFは実力を発揮するか

PSMに挑むケイタ photo/Getty Images

ケイタの活躍に期待

コミュニティーシールドでマンチェスター・シティを下したリヴァプール。今季もリーグ王者のシティと優勝を争う筆頭候補となるだろう。そんなリヴァプールにおいて、さらなる飛躍に期待したいMFがナビ・ケイタだ。

2018年にライプツィヒから加入後はケガの影響もあり、ケイタはなかなか本来の力を発揮できなかった。初年度こそプレミアリーグ25試合2得点を記録したものの、次の2年間で28試合と出場時間が減少。8番を背負うプレッシャーも彼に大きくのしかかったことだ。

それでも昨季は主力の1人として活躍。UEFAチャンピオンズリーグでは強烈なミドルシュートを決めるなど結果を残し、ファビーニョとチアゴ・アルカンタラとともにボール保持時に攻撃的に出るとき中盤で数多く起用されており、プレミアリーグで23試合に出場し、3ゴールを決めるなどリヴァプールでも多くの輝きを放ったシーズンとなった。

今季はハーヴェイ・エリオットやファビオ・カルヴァーリョといった若い中盤戦士との競争にもなるだろう。リヴァプールで中盤は層の厚いポジションではなく、ケイタの奮起がチームの戦力にも大きくつながっていく。足元の技術に走力、スタミナにも長けているケイタがさらに活躍することによって、昨季逃したタイトルを獲得することができるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ