次世代アンカー候補は“ファビーニョ+チアゴ”? リヴァプールのPSMで存在感を発揮する若きスペインの逸材は

アンカーでプレイするバイチェティッチ photo/Getty Images

U-18スペイン代表にも選出されている

リヴァプールは8月6日、プレミアリーグ開幕に先立ち、7月31日にコミュニティ・シールドでマンチェスター・シティと対戦。他チームよりも早くシーズンが開幕することで、急ピッチでの調整を続けているところだ。

そんなチームにおいてプレシーズンマッチでは若い選手も先発に名を連ねており、首脳陣に大きなアピールをしている。特に活躍が目覚ましいプレイヤーがDFステファン・バイチェティッチだ。

アカデミーではセンターバックを主戦場としている同選手だが、トップチームでのプレシーズンマッチではアンカーとして起用されている。17歳ながら物怖じしないプレイを見せ、守備時では持ち味であるインターセプトから得点を創出するなどアピールを続けている。スペイン人らしく足元の技術も高い。
線は細くフィジカル面などはこれから成長していくはずだが、ここまでアンカーとして素晴らしいパフォーマンスを発揮していることは間違いない。アンカーで絶対的な存在であるファビーニョもライプツィヒとのプレシーズンマッチ後のインタビューにて「彼はボールを奪い返して、ハーヴェイ・エリオットにパスを出し、ダルウィン・ヌニェスにアシストした。彼は僕らと一緒にトレーニングしてきたし、もっと良くなるはずだ」と賞賛。チアゴ・アルカンタラのような存在になれると語っている。

昨季のタイラー・モートンのようにトップチームでのデビューも見られるだろうか。ファビーニョの守備力とチアゴのパス能力を持ち合わせたアンカーへ成長するのが楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ