左サイドの“三笘VS南野”に割って入れる? E-1選手権で相馬勇紀が示した森保ジャパンへの適性

E-1選手権で3ゴール挙げた相馬勇紀 photo/Getty images

フル代表のサイドアタッカーはドリブラーでなければ輝けない

国内組のみで構成された日本代表で、E-1選手権を制した日本代表。とくに香港戦、韓国戦でのチームの成熟度は高く、相手を圧倒している。韓国戦では見事な連携からもゴールが生まれており、Jリーグの選手たちが実力を示す大会となった。

この大会でアピールに成功した選手は次回9月の代表戦で招集される可能性がある。アメリカ戦、エクアドル戦の2試合が用意されており、ここが本戦前最後のテストとなる。

攻撃陣では名古屋グランパスの相馬勇紀が存在感を示した。左サイドから仕掛けるドリブラーで今大会は町野修斗に並んで3ゴールを挙げており、得点王に輝いている。その仕掛けの切れ味は抜群であり、韓国戦でも惜しいシュートがあった。

このドリブラーを海外組含めたフル代表でも試してみたい。現状の左ウイングは三笘薫と南野拓実で固定されているが、南野が上手くチームにフィットしていない。森保ジャパンのサイドアタッカーは個人で突破できるかが重要であり、ドリブラーではない南野よりも脅威になれる相馬が適任だ。そうなれば前半に三笘、後半に相馬と切れ味鋭いドリブルを持つ選手を2人万全な状態で使うことができる。対峙するDFからすればこれほど厄介なことはない。

またドリブルだけでなく、韓国戦では飛び込む形からゴールを決めている。166cmと小柄な選手ではなるが、強烈なヘディングシュートで先制点を挙げている。

三笘と南野のポジション争いに割って入りたい相馬。現状のフル代表での南野の状態を考えればシンプルにドリブラー2人を用意するのも悪くない選択肢だといえる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ