「我々が知っていた日韓戦はもうない」 “デュエル”でも韓国に負けなくなった日本代表には相手も脱帽だ

ゴールを喜ぶ佐々木 photo/Getty Images

JリーグVSKリーグなんて見方も

「我々が知っていた日韓戦はもうない」

0-3の敗北を嘆いたのは、韓国『スポーツソウル』だ。日本は27日にE-1選手権の最終戦で韓国代表と戦い、3-0の勝利を収めた。やはりこの結果は韓国にとってもショックが大きいのだろう。

今回のE-1選手権はともに国内組がメインとなっており、4か月後に迫るワールドカップへ向けた最後の国内組選考といった意味合いが強い。同メディアも結果に一喜一憂する必要はないとのスタンスだ。

ただ、やはり日韓戦は伝統の一戦だ。日韓戦は昨年3月にも海外組を交えた形で行われているが、この時も日本が山根、鎌田、遠藤航のゴールで3-0の勝利を収めている。韓国からすれば2試合連続の0-3敗北というわけだ。後味は最悪だろう。

同メディアは「我々が知っていた日韓戦はもうない」と振り返っているが、注目したいのはフィジカルの部分だ。以前は技術力の日本、フィジカルの韓国といったイメージもあり、韓国に対してどこまでフィジカル勝負できるかとの見方もあった。ただ、今はフィジカルへの苦手意識も消えつつある。

いわゆるデュエルの部分で日本が勝利するケースも多く見られ、パワーで押し込まれたとの印象はまったくない。ここはJリーグが進化している部分の1つと言っていいだろう。

同メディアも国内組同士の戦いであることからJリーグとKリーグの実力差を見極める戦いになると考えていたようだが、結果だけ見ればJリーグ側の完勝だ。

「韓国はGK、守備陣がパスミスを連発し、攻撃陣のプレイもスピード、繊細さ、破壊力が落ちた。技術はもちろん、フィジカルの面でも韓国はリードを許した。日韓戦はプライドをかけた戦いであり、今回はKリーグとJリーグを代表するタレントたちが参加した。単純に自国のリーグの水準を見極める機会だったが、想像以上に差は大きかった」

こう振り返っており、確かに国内組勝負というなら今回はJリーグ側の勝利だ。日本は20歳の横浜F・マリノス所属MF藤田譲瑠チマ、22歳の湘南ベルマーレFW町野修斗の若手2人も結果を出すことになり、優勝以上に収穫の大きい一戦だった。

もう韓国に苦手意識はない。それを確認できた快心の勝利だったのではないだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ