アセンシオはミランに好印象も レアルの希望条件を満たせるのはプレミア3クラブか

今夏の移籍が有力か photo/Getty Images

レアル退団のムードが高まっている

レアル・マドリードとの契約が残り1年となっており、今夏の去就が注目されているFWマルコ・アセンシオ。自身に信頼を寄せてくれるクラブには、給与面で高望みしないようだ。

昨季はリーグ戦31試合出場のうち、スタメン出場は19試合。右ウイングの一番手としてカルロ・アンチェロッティ監督の信頼を掴むことはできず、MFフェデリコ・バルベルデやFWロドリゴ・ゴエスらより序列が低い状態でシーズンを終えた。

現在アセンシオの移籍先としては、リヴァプール、アーセナル、ニューカッスル・ユナイテッド、ミランなどが噂されている。

伊『Tuttomercato』によれば、アセンシオ獲得には移籍金2500万~3000万ユーロ(35億~42億円)と、給与600万~700万ユーロ(8億~10億円)の提示が必要だという。しかし、アセンシオは自身に賭けてくれるクラブを見つけることを重視しており、納得のいくプロジェクトを提案されれば、給与を下げることも厭わないようだ。

また、アセンシオはミランからの最新の接触に好印象を抱いたと同メディアは伝えているが、ミランはレアルが希望する2500万ユーロのオファーを提示できておらず、1500万ユーロに留まっているようだ。リヴァプール、アーセナル、ニューカッスルはレアルが要求する2500万~3000万を出せるとしている。

アセンシオはすでに26歳と中堅の域に突入していることもあり、チームの中心として活躍できるクラブを求めている。11月に開催されるカタールW杯に向けて、ルイス・エンリケ監督へのアピールを強めたいとも考えているのだろう。はたして移籍市場閉幕までにレアルとアセンシオの双方が納得できるオファーは届くのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ