PSGを退団したディ・マリアの新天地はユーヴェ? 初挑戦のセリエAで本領発揮に期待大

最終節でゴールを決めたディ・マリア photo/Getty Images

昨季は4位に終わったユヴェントス

昨季限りでパウロ・ディバラが退団したユヴェントス。新たな攻撃の核となる選手を求めるチームに、アルゼンチン代表のアタッカーがまもなく加入しそうだ。

その男が昨季でパリ・サンジェルマンを退団したアンヘル・ディ・マリア。移籍市場のスペシャリストでもあるファブリツィオ・ロマーノ氏がディ・マリアは来週にもユヴェントスと正式な契約を結ぶと伝えており、セリエA挑戦が近づいている。

シーズン終了を前にPSGを離れることが決まっていた同選手。21-22のリーグ・アン最終節のメス戦では、1ゴール1アシストの活躍を見せ涙を浮かべていた。昨季は26試合で5ゴール7アシストを記録。第37節のモンペリエ戦でもゴールを決めるなど、好調なままをPSGを後にした。

強大な戦力の中で、ディ・マリアは自身のパフォーマンスを十分に発揮できていなかったかもしれない。新シーズンはセリエAという新たな舞台への挑戦となるが、攻撃の中心となる活躍に期待したい。彼ならユヴェントスをけん引する存在となれる実力を持っている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ