吉田退団のサンプドリアでエースとなる39歳が契約更新 クアリアレッラが40代で迎える初のシーズン

40歳で挑む新シーズンは photo/Getty Images

昨季は4ゴールと悔しいシーズンに

吉田麻也が退団したサンプドリアは、FWファビオ・クアリアレッラとの契約を更新したことを発表した。39歳で戦った昨季は、本人にとって不本意なシーズンだったかもしれない。

2015-16にサンプドリアへ加入したクアリアレッラは、翌年に12ゴールを記録するなどチームのエースに君臨する。するとその勢いは止まらず、2017-18は19ゴールを決めると、2018-19には26ゴールでセリエAのトップスコアラーに輝く。イタリアが誇るいぶし銀のストライカーは36歳でリーグ得点王を受賞した。

その後の2シーズンでも二桁ゴールを達成するなどチームの得点圏としての地位を確立したクアリアレッラ。しかし昨季は33試合に出場しながら4ゴールにとどまってしまう。チームもシーズン22敗を喫して15位と低迷。あわや降格という厳しい1年を送った。

そんなサンプドリアはクアリアレッラとの契約を更新。新シーズンは40代に突入する最初の1年となる。ゴール前での技術と強さに加え、百戦錬磨の経験値を武器とするストライカーは2022-23こそ2年ぶりの二桁ゴールを奪ってくれるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ