武藤がゴールで4戦無敗の神戸 最下位からの逆襲へキーマンとなるエース

武藤のゴールに期待が高まるphoto/Getty Images

武藤の2得点で鳥栖に勝利

J1第19節でヴィッセル神戸はサガン鳥栖と対戦。2-0で勝利してJ1で3試合ぶりの勝利を手にした。この試合で2得点を決めたFWが武藤嘉紀である。神戸の逆襲へ武藤がキーマンとなるだろう。

2度目の監督交代後初の試合となった鳥栖戦で、武藤は1トップで先発する。互いに得点がないまま迎えた79分、佐々木大樹の絶妙なクロスに頭で合わせて先制ゴールを奪ってみせる。続く後半アディショナルタイムにも左サイドからのヘディングでゴールを奪い、勝負を決めた。

自身今季初となる複数得点を奪って勝利に貢献した武藤。今シーズン彼がゴールを決めた4試合は、3勝1分と負けがなく武藤が神戸の勝点を稼いでいるといっても過言ではない。エースの得点量産が最下位に沈むチームを浮上させるきっかけとなるだろう。

ケガの影響によって2ヵ月近くチームを離脱したストライカーは、後半戦での逆襲のキーマンとなる存在だ。離脱した2ヵ月で神戸は多くの勝点を失った。武藤のゴール数が増えていくことで、チームの勝点にもつながっていく。エースのゴールラッシュに期待だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ