2戦連発で王者撃破に貢献した舩木翔 トップ昇格6年でつかんだ先発の座

舩木のさらなるブレイクにも期待がかかる photo/Getty Images

頭で2試合連続ゴールを決める

J1第19節でセレッソ大阪は川崎フロンターレと対戦。1点を先制されるものの、後半に2ゴールを決めて逆転勝利を手にした。この試合で同点ゴールとなる2試合連続得点を記録したのが舩木翔だ。

1点ビハインドの59分に待望の同点弾が生まれた。中央左の後方からのFKを鈴木徳真が蹴ると、舩木が頭で合わせてゴールネットを揺らす。昨季J1王者相手に同点弾を奪い、逆転勝利への光を灯した。

川崎に同点ゴールを決めた舩木は、前節の清水エスパルス戦でもCKからヘディングで貴重な同点弾を決めている。頭での2戦連発弾がC大阪に勝点を手繰り寄せる大きな得点となっている。

2017年のトップチーム昇格から6年が経ち、24歳となった舩木。C大阪ではこれまで5試合の出場にとどまり、2020年はジュビロ磐田、2021年はSC相模原へと期限付き移籍するも、絶対的なレギュラーにはなり切れなかった。そんな中で迎えた今季、与えられたチャンスでしっかり結果を残してチームの力となり、左サイドバックとして先発出場を続けJ1で6試合2ゴールを記録。ここでつかんだ自信を武器に、C大阪で欠かせない存在へと成長していく。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ