ダンジュマから狙いを変えたウェストハム モイーズ監督は教え子との再会なるか

現在フリーのリンガード photo/Getty Images

ウェストハムのさらなる躍進はあるか

昨季7位でシーズンを終え、ヨーロッパリーグでもベスト4と好成績を残したウェストハム。今季ビッグ6に割って入ることも期待されるこのチームは、オランダ代表FWアルノー・ダンジュマの獲得へ動きを見せていたが、マンチェスター・ユナイテッドをフリーで退団したFWジェシー・リンガードに目標を切り替えた可能性があるようだ。

リンガードはマンUの下部組織出身の選手で、ローン移籍も経験しながら2014年にトップチームでの公式戦デビューを果たした。その後も何度かローン移籍を挟みながら、長きに渡ってマンUの一員としてチームに貢献したリンガードだが、今夏にクラブとの契約満了を迎え、愛するクラブに別れを告げていた。

現在は所属先を探しているが、噂に挙がったウェストハムは2021年1月から約半年間、ローンで所属していた過去がある。その際はマンUで自身を見出してくれたモイーズ監督と共闘し、16試合9ゴール4アシストと好成績を残した。

英『The Guardian』によれば、ウェストハムは4000万ユーロ(3450万ポンド)でダンジュマ獲得に向けビジャレアルと話し合っていたようだが、ダンジュマ本人ともなかなか合意に至らず、雲行きが怪しくなったことによりリンガードへターゲットを切り替えることにしたようだ。しかしリンガードがウェストハムへ加入するためには、賃金要求を下げる必要があるかもしれないとも同メディアは伝えている。

25歳の有望株であるダンジュマはかなり魅力的な選手であるものの、ウェストハムでプレイしたことのあるリンガードは戦力として目処が立つ点が大きい。リンガードとしてもウェストハムには良い記憶が残っているはずだ。

恩師の下、慣れた環境でプレイできれば、1度目のウェストハム時代のようなプレイを再現することもできるかもしれない。リンガードが忠誠を誓う第2のクラブはウェストハムとなるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ