STVVでキーとなる“ナンバー10”の躍動 香川真司の今季は復活のシーズンへ?

親善試合で得点を決めた香川 photo/Getty Images

STVVでゴールを決めた香川

ドイツやイングランドで名声を上げたものの、その後はトルコ、スペイン、ギリシャとクラブを転々としている香川真司。昨冬に加入したシント・トロイデンで10番を背負う彼は、2022-23シーズン、復活の年となるだろうか。

2021年の12月にPAOKテッサロニキを退団した香川が次に選んだ移籍先はシント・トロイデンだった。多くの日本人がプレイするベルギーのクラブで欧州での復活を期す戦いへと挑む。しかし昨季はゴールを挙げることができず、ジュピラー・プロリーグで6試合の出場にとどまる。

そんな中で迎えたスタンダール・リエージュとの親善試合に先発出場した香川。1点をリードした65分に自らPKをゲットして確実に決め、チームの勝利に貢献する。少しずつ復調傾向にある10番がシント・トロイデンの新たな中心となることだろう。

チームは昨季8ゴールを挙げた原大智がレンタル元のアラベスに帰還。新たな得点源の確保が重要となっている。それに加えて香川がゴールに絡んでいくことができれば、上位へと躍進も期待できるだろう。ブンデスリーガとプレミアリーグで優勝に貢献した日本人MFがベルギーの地で復活を遂げるシーズンに挑んでいく。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ