完成した“フィジカルモンスター化” サラーがここまでのFWになると誰が予想したか

アタッカーとして完成したサラー photo/Getty Images

プレミアで戦える肉体を手に入れた

2014年にチェルシーの一員としてプレミアリーグにやってきた時、エジプトの若者だったFWモハメド・サラーがこれほどの選手になるとどれだけの人が予想していただろうか。

スイスの名門バーゼルで印象的な活躍は見せていたものの、5大リーグのトップクラブで通用するレベルかは疑わしかった。以前よりチェルシーは多くの若手を抱え、そのほとんどをレンタルに出してきた。サラーも同じ道を辿るとの予想もあり、実際に2015年にはチェルシーからフィオレンティーナにレンタル移籍している。

ただ、サラーはここから変わった。フィオレンティーナ、その後はローマへ移籍すると、一気に才能が開花。英『Talk Sport』は、やはりサラーのフィジカルモンスター化が凄まじかったと振り返る。

175cmとそこまで大きい選手ではなく、チェルシー移籍当初のサラーは細身なスピードスターといった印象だった。それがセリエAでの2年を経て、2017年にリヴァプールへやってきた際にはプレミアリーグでも当たり負けしない肉体を手に入れていた。

しかも上手かったのは、自慢のスピードを落とさなかったことだ。稀に筋肉量を増やしすぎてスピードが落ちる選手が出てくるが、サラーはスピードを失うことなくパワーを身につけた。自分より大きいDFを背負いながらプレイすることもでき、このパワーがなければプレミアリーグで戦えなかっただろう。

通算すると、プレミアリーグでは通算120ゴールを記録している。これはリヴァプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラードと並び、プレミア通算TOP20の数字だ。いつまでプレミアでプレイするかは分からないが、早ければ新シーズンにもクラブOBマイケル・オーウェンの持つ150ゴールを抜き、歴代TOP10に食い込んでくる可能性もある。

大きな怪我が少ないことも特長的で、30歳を迎えた今も衰えの色は見えない。同じフィジカルモンスター化した選手ではクリスティアーノ・ロナウドもトップフォームを維持しているが、サラーも同じタイプになれるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ